リハビリの評価場面では腱反射を行うことも多いと思います。しかし、腱反射は何のために行うのかと疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回、深部腱反射の意義や絵kんさ方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

深部腱反射の意義や検査方法、結果の解釈

スポンサードサーチ

神経学的な観点から腱反射を勉強したい場合のおすすめ書籍

 

スポンサードサーチ

腱反射についてのおすすめ記事

脳卒中片麻痺者に腱反射をする意義!脊髄レベルの興奮性をみるのはなぜか!

スポンサードサーチ

腱反射の概要とメカニズム

深部腱反射(しんぶけんはんしゃ、DTR:Deep Tendon Reflex)は、太い骨格筋につながる腱を筋が弛緩した状態で軽く伸ばしハンマーで叩くと、一瞬遅れて筋が不随意に収縮する反射。人体にみられる生理的な反射の代表的なものである。手軽に誘発することができる上、運動系(錐体路系)障害や末梢神経障害の診断の目安となるため神経学的検査として非常に頻繁に用いられている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E9%83%A8%E8%85%B1%E5%8F%8D%E5%B0%84

腱反射は、腱を叩くことでそれに付いている筋が伸張され、刺激された筋が収縮する状態です。
腱反射は単シナプス反射(反射弓がひとつのシナプスで構成される)になります。
そのメカニズムは以下のようになります。

・腱が伸び、筋や筋紡錘も伸びる
・筋紡錘(筋の長さを感知する受容器)の興奮
・脊髄前角細胞に伝達され、筋が収縮(反応時間が短く、刺激された筋と同じ筋に出現)

このようなメカニズムで反射が起こるのですが、腱反射は正常であれば出現するものです。

スポンサードサーチ

深部腱反射をみる意義や目的

深部腱反射を行う意義や目的としては、障害部位が中枢性(上位ニューロン)か末梢性(下位ニューロン)かの診断の手立てとなります。
また、筋緊張亢進の有無・程度を知ったり、身体機能の予後予測としても必要になります。

スポンサードサーチ

深部腱反射の方法と注意点

必要物品

打鍵器

スポンサードサーチ

オリエンテーション

「脳の病気では筋肉が上手く動かなくなることがあるので、筋がどの程度動くかを、これで(ハンマー)で叩いてみていきます。」
「筋肉の動きがどの程度回復してきて、どの方向に動かしやすくなっているかを見るので、かっけのような感じで、ハンマーで叩かせてもらいます。」
などと説明します。

注意点

・被検者をリラックスできる肢位にさせます。
・左右差をみることが大切です。
・直接腱を叩くのではなく、自分の親指を介して叩くようにします。
・腱を叩いて反応が出る(++)場合は、筋腹も叩いて反応があるかを確認します。
・急性期では、麻痺の回復過程を知るのに必須の検査です。
・検査の順序としては、大胸筋→上腕二頭筋→腕橈骨筋→回内筋→膝蓋腱→アキレス腱の順で行うとスムーズに検査できます。

スポンサードサーチ

各検査の方法

胸筋反射

上腕軽度外転、上腕骨の大胸筋付着部のところで、上腕骨に向かって腱を軽く圧迫し、親指の上を打鍵器で叩く。

上腕二頭筋腱反射

上腕を軽度外転、肘軽度屈曲、前腕軽度回内位で被検者の肘を軽く掴み、母指を上腕二頭筋に当て打鍵器で叩く。

上腕三頭筋反射

肘関節を半屈曲位とし、肘頭のすぐ上の上腕三頭筋腱を直接打鍵器で叩く。

腕橈骨筋反射

前腕中間位または軽度回内位にて軽度肘屈曲させ、橈骨下端を垂直に叩く。

回内筋反射

前腕を半回内位とし、尺骨形状突起の背側面を直角に叩く。

膝蓋腱反射

膝蓋腱の下で腱に対して直角に叩く。

アキレス腱反射

被検者の足を背屈させ、それを保ちながらアキレス腱を直接叩く。

スポンサードサーチ

結果の解釈

先ほど、腱反射は正常であれば出現するということを説明しました。
正常な場合は、反応(筋収縮)が適度なレベルであり、それは(+)と記載します。

上位運動ニューロン障害の場合、上位運動ニューロンから下位運動ニューロンへの抑制が行われず、腱反射は亢進します。
この場合、一般的には筋緊張も亢進していることが多くなります。
記載は(++)などとします。

腱反射の反応が軽減または消失する場合には、以下の障害が考えられます。
・感覚神経
・下位運動ニューロン(末梢神経)
・神経筋接合部
・筋

記載に関しては、以下のようになります。
消失:(−)
減弱:(±)
正常:(+)
やや亢進:(++)
亢進:(+++)
著明な亢進:(++++)

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】