「皮質脊髄路」という言葉は、解剖学や脳神経科学を学んだことのある学生さんであれば聞いたことがあると思います。しかし、臨床においてはその役割や通り道、脳画像上ではどこを見ればよいかなどを把握しておくことが何より重要になります。今回、皮質脊髄路の役割と脳画像における通り道についてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

脳の事や脳画像について勉強したい方は

 

スポンサードサーチ

脳卒中についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

皮質脊髄路の役割

「皮質脊髄路って何?」「皮質脊髄路と脳卒中はどのような関係があるの?」と指導者から聞かれた場合、どのように答えたらよいのでしょうか。

皮質脊髄路とは、

大脳皮質の運動野から脊髄を経て骨格筋に至る軸索(神経線維)の伝導路(束)のこと。錐体路(英: pyramidal tract)ともいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E8%B3%AA%E8%84%8A%E9%AB%84%E8%B7%AF

とあります。
ここで、説明の中に錐体路という言葉が出てきました。
錐体路について、

運動神経線維(ニューロン)の遠心性経路で延髄の錐体を通る経路のことを錐体路という。随意運動の指令を伝える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%90%E4%BD%93%E8%B7%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3

とあります。
このことから、皮質脊髄路(錐体路)は、随意運動の発現に関与しており、皮質脊髄路の損傷により随意運動障害が起こることがわかります。

皮質脊髄路は筋収縮の強さ、すなわち
①何個の運動細胞が興奮するか(量)
②1つの運動細胞がどれだけ強く興奮するか(強さ)
という事に関与しています。
そのため、皮質脊髄路が障害されると、脊髄運動細胞の興奮が低下し、筋収縮が弱くなります。この状態を神経原性筋力低下といいます。

これは、脳卒中の方においても筋力低下という概念が存在するということを示しているといってよいと思います。

スポンサードサーチ

皮質脊髄路は2つある!

皮質脊髄路は、実は2つ存在します。
ひとつは外側皮質脊髄路、もうひとつは前皮質脊髄路です。

外側皮質脊髄路は錐体路の90%を占めるとされています。
その役割は四肢の随意運動に関与します。

前皮質脊髄路は錐体路の10%を占めるとされています。
その役割は体幹や上下肢の近位筋(正中に近い筋)の制御に関わっています。

スポンサードサーチ

皮質脊髄路はどこを通るのか

今までの話から皮質脊髄路は随意運動に関与し、その障害で神経原性の筋力低下が起こること、また皮質脊髄路は外側皮質脊髄路と前皮質脊髄路の2つがあることがわかりました。

では、それぞれの皮質脊髄路はどのような経路をたどり骨格筋に至るのかを把握していきます。

外側皮質脊髄路の通り道としては、
一次運動野→内包後脚→中脳大脳脚→橋→延髄(錐体交叉)→脊髄側索→脊髄前角細胞で下位運動ニューロンとシナプス形成
というようになっています。

また、前皮質脊髄路の通り道としては、
前皮質脊髄では、錐体交叉をせずに脊髄前索を下行し、脊髄前角へ(一部は反対側の前角へ)
というようになっています。

スポンサードサーチ

皮質脊髄路と脳画像

まず、皮質脊髄路の通り道から、脳画像ではどこの部分を通るかを確認していきます。
頭頂レベルで見ていきます。
中心溝を探し、見つけると、一次運動野がわかります。
脳の内側から、下肢、上肢・手指、顔面と損傷を受ける部位によって運動麻痺の出方に違いがあります。
ちなみに、一次運動野の障害では随意運動障害のなかでも「分離運動障害」というものがみられるようになります。
皮質脊髄路の障害における随意運動障害とはまた違った概念となるため、分離運動障害についてもしっかりと把握しておく必要があります。
詳しくは、以下の記事を参照してください。
脳卒中運動麻痺〜一次運動野と皮質脊髄路による捉え方の違い〜

Brs-stageの評価と一次運動野、皮質脊髄路

次に、側脳室体部レベルで見ていきます。
キューピー人形の体の各部位の位置は、脳の損傷を受けた場合に見られる運動麻痺の出現部位と一致します(大まかにです)。

松果体レベルでは、内包後脚が確認しやすくなります。

前途しましたが、内包は大脳基底核(尾状核、レンズ核(被殻、淡蒼球))と視床に挟まれた、「く」の字になっている部分です(図の場合は逆「く」の字)。
内包後脚では、上から皮質延髄路、皮質脊髄路と並んでいます。

皮質脊髄路は、内包後脚の真ん中から少し上のあたりから、下に向かって上肢→体幹→下肢と痲痺の出現が異なります。

内包後脚が損傷を受けていれば、松果体レベルで画像を見れば良いですが、皮質脊髄路は中脳、橋レベルにおいても通り道となっているため、その付近の損傷があると運動麻痺が生じます。
下図は、中脳や橋、延髄レベルでの皮質脊髄路が通る位置です。

出展:中上 博之先生の講義資料

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】