老研式活動能力指標は、身辺処理としてのADLでは捉えられない高次の生活機能(家庭生活)を評価するツールで、しばしば認知症における作業療法の成果を示すさいにも用いられます。今回、老研式活動能力指標概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

老研式活動能力指標の概要と使用方法、結果の解釈

スポンサードサーチ

認知症についてのおすすめ記事

スポンサードサーチ

参考文献

スポンサードサーチ

老研式活動能力指標の概要

老研式活動能力指標は、手段的自立5項目、知的能動性4項目、社会的役割4項目の、家庭内で日常生活を自立して行うために必要な能力を評価する尺度です。
各項目で実際に行っている場合には「はい」を選択し1点となり、13点満点となります。これらの能力の低下は、認知症による要介護状態発生のリスク因子としての可能性が示唆されています。また地域での高齢者の生活機能の測定に活用でき、要介護や生活支援の必要性、介入効果の判定などに利用することができます。

バスや電車を使って一人で外出できますか
日用品の買い物ができますか
自分で食事の用意ができますか
請求書の支払いができますか
銀行預金・郵便貯金の出し入れが自分でできますか
年金などの書類が書けますか
新聞を読んでいますか
本や雑誌を読んでいますか
健康についての記事や番組に関心がありますか
10 友だちの家を訪ねることがありますか
11 家族や友だちの相談にのることがありますか
12 病人を見舞うことができますか
13 若い人に自分から話しかけることがありますか

スポンサードサーチ

老研式活動能力指標の使用方法

老研式活動能力指標は自己記入式の評価ツールであり、知的機能の著しく低下した高齢者や認知症などで自己の状態がが把握できていない者でなければ、調査票への記入を行ってもらいます。
家族などで対象者の日常生活ををよく知る者も回答可能です。
面接にて聴取する場合には、本人や他者による回答であっても,検査者が自己判断で説明の追加や誘導するなどがないように注意する必要があります。
質問表には「いますか」「ありますか」や「できますか」という問いかけが記載されています。「できますか」という問いかけの場合、できるのであれば本人が現在しているかどうかに関係なく、「はい」となります。

スポンサードサーチ

老研式活動能力指標の結果の解釈

以下は性別、年齢別の得点(平均点±標準偏差)となります。

 男性  女性  計
65〜69歳 11.8±1.9 11.8±2.0 11.8±2.0
70〜74歳 11.1±2.8 11.0±2.4 11.0±2.6
75〜79歳 10.4±3.2 10.5±2.9 10.5±3.0
80歳〜 8.7±4.2 7.6±4.2 8.0±4.2
11.0±3.0 10.6±3.1 10.8±3.0

特にカットオフ値は定められていません。