在宅で生活をするにあたって、ADLの自立度を高めることはもちろんですが、IADLの自立度を高めておくことも重要になります。今回、IADL(住まいの管理)における評価の視点と情報収集すべき項目についてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

在宅と非在宅での生活における違い

在宅と、非在宅(例えば施設)における生活様式は、異なる部分が多くあります。

施設では、食事が用意されたり、洗濯もお金を払えば頼めたり、掃除も業者さんが行ってくれるところが多いと思います。

一方、在宅においては、家事全般は基本的に自分、もしくは家族が行います(もちろん、訪問ヘルプサービスを利用することもあります)。

そのようなことから、在宅復帰にあたっては、ADLに加えてIADLについても詳しく情報収集や評価を行っていく必要があります。

スポンサードサーチ

IADLの用語確認

IADL(Instrumental Activities of Daily Living)は、「手段的日常生活活動」のことで、

・調理
・掃除
・洗濯
・ゴミ出し
・買い物
・衣類の整理
・縫い物
・公共交通機関の利用
・健康管理
・家計管理

など、家事全般や管理的な要素を含んだ幅広い概念となっています。

病院に入院中は、ADLのことはしっかりとトレーニングを行いますが、いざ家に帰るにあたっての心配事や困りごとへの対処が不十分だったということもあります。

そのため、IADLにおける心配事や困りごとを解決するための準備を入院中から行っておく必要があります。

スポンサードサーチ

IADL(住まいの管理)における評価の視点

ここで述べていくことは、IADLの活動項目全般にいえることです。

在宅での住まいの管理への関わり

住まいの管理と一言で言っても、項目を挙げていくとかなりのものになります。

・施錠
・留守番
・訪問者への対応
・電話の使用
・住まいの清掃

この他にも、住まいの管理を行う上では様々な項目があります。

これらに対して、以前対象者が自分で行っていたもの、これからも対象者が行う必要があるもの、誰かが行えばすむものなどを聴取し、対応策を考えていかなければなりません。

スポンサードサーチ

介護負担

家族の介護負担についてもしっかりと考えていく必要があります。

住まいの管理を家族が担うことによって、身体的、精神的、時間的負担が大きくなりすぎていないかを考えていく必要があります。

精神機能との関係

精神機能と言って良いかはわかりませんが、リスク管理ということも住まいの管理には大切な要素です。

例えば施錠を怠ると物騒なことが起こりかねませんし、火の始末ができなければ家事の恐れもあります。

高次脳機能障害による影響が大きくなりますが、注意障害、記憶障害などによるリスク管理能力の低下が住まいの管理については問題になりやすいと言えます。

スポンサードサーチ

住まいの管理に関する評価の視点と情報収集項目

スポンサードサーチ

施錠

先ほども述べましたが、施錠を忘れてしまうと安全管理上問題になります。

鍵の置き場所を認識し、鍵の閉め忘れなく行動できるかがポイントになります。

留守番

対象者が家に一人でいるときに、

・回覧板を回す
・オレオレ詐欺への対応
・訪問販売への対応
・電話対応

がしっかりとできるかということです。
やはり来客者が来たときに適切な対応ができるかどうかが大切になります。

スポンサードサーチ

メール・インターネット・携帯電話の使用

普段から、家族とのやりとりにメールや携帯電話の電話機能を使用しているという方も多いと思います。

緊急時や非常時にこれらを使用して連絡をとれるか、その方法を把握しているかがポイントになります。

火の始末などの管理

火の不始末は命に関わるため、しっかりと管理できる必要があります。

ガスや電気のスイッチ、元栓の管理、ガス漏れ警報機や火災報知器の取り扱いなどを把握しているか確認しておく必要があります。

また、必要な換気をとれるか、ブレーカーが落ちたときに元に戻すことができるかなども安全管理上必要になります。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】