NPI は認知症における行動・心理症状( BPSD )を測定する評価方法のひとつです。そのなかでも、NPIのアンケート版NPI-Brief Questionnaire Form(NPI-Q)の概要と評価方法、結果の解釈について、まとめていきたいと思います。

NPI-Qの概要と評価方法、結果の解釈

スポンサードサーチ

認知症を勉強したい方にオススメの書籍

スポンサードサーチ

認知症についてのオススメ記事

 

 

スポンサードサーチ

参考

http://www.micron-kobe.com/siteadmin/upload/20161021_1553200540.pdf

スポンサードサーチ

NPI-Qの概要

NPI-Q(NPIのアンケート版NPI-Brief Questionnaire Form)は、認知症者のBPSDの頻度、重症度、介護者の負担度を数量化できる評価方法です。
「妄想」「幻覚」「興奮」「うつ」「不安」「多幸」「無関心」「脱抑制」「易怒性」「異常行動」「夜間行動」「食行動」の 計12項目からなっています。
妥当性と信頼性が確認されており、認知症者の精神症状、介護者負担度の評価に有用だとされています。

スポンサードサーチ

NPI-Qの評価方法

質問に対し、介護者に当てはまるものを選択してもらい、質問紙法にて評価を実施します。
過去1ヶ月以内に各症状が認められた場合に基準に従って評価します。
病前から認められるものが増悪せず、1ヶ月以上前にあったが、過去1ヶ月以内には認められなかた場合は、「0」となります。

「症状の重症度(本人にどれほど影響しているか)」
0:全くなし
1:軽度   症状の存在は感じられるが、はっきりとした変化ではない
2:中等度 症状ははっきりと存在するが、劇的な変化ではない
3:重度   症状は非常に著明であり、劇的な変化を認める
「この症状について介護者等が感じている負担度(介護者等にどれほど影響しているか) 」
0:全くなし
1:ごく軽度 ごく軽く負担には感じるが、処理するのに問題はない
2:軽度   それほど大きな負担ではなく、通常は大きな問題なく処理できる
3:中等度 かなり負担で、時に処理するのが難しい
4:重度   非常に負担で、処理するのが難しい
5:非常に重度あるいは極度 極度に負担で処理できない

評価項目(一部抜粋)

http://さくらパス.com/images/guide/bpsd.pdf

1.妄想: 事実でないとわかっていることを信じ込んでいる
2.幻覚 :実際にないものが聞こえたり見えたりする
3.興奮 :介助を拒んだり、扱いにくくなるときがある
4. うつ :悲しそうであったり、落ち込んでいるように見えたり、そのように言ったりする
5.不 安:落ち着かない、息苦しさやため息、リラックスできない、過度に緊張している等の神経質さを示す
6.多幸:過度に機嫌がよかったり、幸せそうであることがある
7.無関心:自身の日常生活や、他人の活動や計画に関心がなくなってきているように見受けられる
8.脱抑制:見ず知らずの人にあたかも知人のように話しかけたり、他人の感情を傷つけることを言ったりする
9.易怒性:気難しく怒りっぽい。計画が遅れたり待たされたりすることが、我慢できなくなったりする
10.異常行動:家の周囲を歩いたり、ボタンやひもを弄んだりなど、同じ行為を繰り返すことがある。

*日本語版 NPI マニュアル・検査用紙 セットが販売されています。

スポンサードサーチ

結果の解釈

各項目に対し、それぞれの負担度、重症度で評価します。高得点なほど重症度、負担度が大きいことを示ます。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】