入浴動作は、自立するのが難しい動作として知られています。転倒のリスクも高いこともあり、何かしらの介助、または見守りが必要になることが多い動作です。今回、入浴動作における評価の視点として、自立支援のための情報収集項目についてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

入浴動作の自立達成に向けて

入浴動作は、自立達成が難しいとも言われている動作になります。

入浴動作には、部屋から浴室への移動、更衣、洗体・洗髪、浴槽またぎ動作、浴槽内立ち上がり・しゃがみこみ動作など動作が多岐にわたり、それぞれの動作において転倒などのリスクが高いことが自立達成を難しくしている要因ともいえます。

また、我々は普段過ごしている部屋での動作と、1日に1回(人によっては頻度は少なくなる)行う動作では、リスクに関する認識力に差があります。

リスクが高いと感じられる動作に対しては、家族の方はリスクを抑えようとして独力で行わせないようにするということも考えられます。

そのような方の場合は、環境設定を行うことでできるだけリスクを軽減したり、家族の方にも能力を把握してもらう中で自立の達成に向けて取り組んでいく必要があります。

スポンサードサーチ

入浴動作の自立達成に向けての情報収集項目

病前の入浴について

入浴動作の情報収集項目として、まずは病前の入浴方法を把握する必要があります。

なぜかというと、病前の入浴方法を把握することで、現在の対象者の状態と比較し、

・病前と同じように入浴できるか
・環境を変えることで入浴ができるか
・動作方法を変えることで入浴できるか
・環境と動作方法を変えることで入浴できるか
・介助が必要か

を検討することができるためです。

入浴方法としては、

・入浴の順番
・洗体、洗髪、洗顔方法→立って行うのか、風呂用椅子に座るのか、床に座り込んで行うのか
・石鹸かソープか、洗体タオルの種類、シャンプーリンスの使用
・浴槽をどのようにまたいでいたか→立位、座位
・湯に浸かるか、シャワー浴か
・湯に浸かる時間

などが情報収集項目として挙げられます。

スポンサードサーチ

入浴頻度や入浴時間帯

対象者のライフスタイルによっては、入浴頻度や入浴時間帯は違うことがあります。

対象者の方でよくあるパターンとしては、夏場と冬場の入浴頻度が異なることです。

「冬場はあまり汗をかかないから」という理由をよく聞くことがあります。

また、「もともと入浴が好きではない」という方もまれにいます。

本当に対象者の生活スタイルは様々で、1日の入浴回数にも違いがありますし、なかには銭湯を利用していたという方がいるかもしれません。

自宅の浴室環境

自宅の浴室環境では、まず住宅改修が行われており、手すりや福祉用具を使用しているかを把握します。

そして、浴室環境として、

・浴槽の種類(据え置き式・埋め込み式)と浴槽の寸法(横幅、縦幅、縁の幅、深さ、またぎ高)
・ドアの位置
・浴槽の位置
・シャワー、シャワーホルダーの位置
・蛇口の位置
・シャンプーや石鹸置きの位置
・段差の有無とその高さ

などがあります。

追加情報として、浴室までの移動動線における障害物や段差の有無を確認しておくとよいでしょう。

また、脱衣はどこで行うか、脱衣所の環境も把握しておくことが大切になります。

これらの情報は、現状の能力から予測される入浴動作として

・移動(車椅子、シャワーキャリー、歩行)
・更衣(ベッド上、脱衣所、立位or座位)

などの動作方法を考えるための材料になります。

動作能力に合わせた入浴方法の違いについては、以下の記事を参照してください。
入浴動作の環境設定!身体機能に合わせた福祉用具の用い方を考える!

脊髄損傷者の住宅改修のポイント!排泄、入浴方法のいろいろ!

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】