PTOTSTを目指す方の実習や国試を乗り切るためのガイド
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ADL

ADL

関節リウマチの作業療法!リハビリ実施で注意すること!

関節リウマチでは、薬物療法に加えてリハビリテーションを行うことも重要になります。今回、関節リウマチの作業療法について、実施の際に注意することについてまとめていきたいと思います。

半側空間無視(身体)の評価!Comb and Razor/Compact testの概要と評価方法、結果の解釈

半側空間無視の検査で有名なのはBITなどですが、身体空間の無視において、評価を数値化できるのがComb and Razor/Compact testになります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたい …

パーキンソン病の脳科学から考えるADL・IADL評価の視点

パーキンソン病では、4大症候(固縮、振戦、無動、姿勢反射障害)が有名です。もちろんこれらはADL障害を引き起こすのですが、それに加えて、他の原因によってもADLは障害されることがわかっています。今回、パーキンソン病の脳科 …

BIT行動性無視検査日本版の結果の解釈!受動的・能動的注意を踏まえた解釈ができているか!

半側空間無視の検査として、BIT行動性無視検査日本版を用いることがよくあると思います。今回、BITの検査結果の解釈において、受動的・能動的注意を踏まえた解釈の重要性についてまとめていきたいと思います。

入浴評価の視点と動作工程別の動作分析表

入浴動作は、移動から更衣、洗体、またぎ動作、立ち座りなど、様々な動作が組み合わされることにより成り立っています。今回、入浴評価の視点と動作工程別の動作分析表についてまとめていきたいと思います。

脳卒中片麻痺者における入浴方法や動作の工夫、視点!

脳卒中片麻痺者では、運動麻痺や感覚障害、高次脳機能障害も重なり、ADL動作に困難さが生じることがあります。今回、脳卒中片麻痺者における入浴方法や動作の工夫、視点についてまとめていきたいと思います。

入浴動作の評価における視点!心身機能、動作観察、福祉用具の使用まで!

入浴動作は自立が難しい動作でもありますが、対象者の能力を最大限発揮できる環境設定により自立度を高めることも可能です。そのためには、対象者は何ができて何ができないかということを評価することがポイントになります。今回、入浴動 …

入浴動作における評価の視点!自立支援のための情報収集項目!

入浴動作は、自立するのが難しい動作として知られています。転倒のリスクも高いこともあり、何かしらの介助、または見守りが必要になることが多い動作です。今回、入浴動作における評価の視点として、自立支援のための情報収集項目につい …

高次脳機能障害は日常生活の中でどのような困難として現れるか

高次脳機能障害は、日常生活の中で様々なことを阻害する要因になります。高次脳機能障害の観察評価においては、日常生活での工事脳機能障害の現れ方を把握していると、その程度や状態を把握するのに役立ちます。今回、高次脳機能障害は日 …

更衣動作(下衣)の観察評価の評価表と観察の視点

更衣動作(下衣)では、下着やズボン、靴下や靴、装具の着脱とかなり広範囲な評価を行う必要があります。また、更衣動作は身体・認知・高次脳機能面など、様々な機能からなる動作であり、観察の視点も幅広くなります。今回、更衣動作(下 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © PTOTST学生のための学習塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.