半側空間無視の検査で有名なのはBITなどですが、身体空間の無視において、評価を数値化できるのがComb and Razor/Compact testになります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

半側空間無視と身体空間の無視

半側空間無視は、分類でいうと親カテゴリー的なものであり、その下位分類があります。

自分の体を中心として、目の見える範囲で空間を考えたときに、

自己身体空間において左側の身体に無視が生じる personal neglect や主に手によってリーチング可能な空間としての近位空間における無視( near extra personal or peripersonal space ),さらにリーチング範囲を超えた空間にあたる遠位空間における無視(far extrapersonal or extrapersonal space )があり,この3つの空間で無視症状が解離して生じることが報告されている

中田佳佑他「半側空間無視の臨床所見および病態メカニズムとその評価」保健医療学雑誌 7(2):67-76,2016.
と半側空間無視を分類することができます。

また、自分の体を中心として、左右の空間を無視を、「自己中心的空間の無視」と呼びます。

この無視では、無視の境界線みたいなものはなく、その時の課題の状況ににより無視が生じる範囲は変化します。

また、ひとつの物や枠組みに対する無視を「対象中心的空間(物体中心)の無視」と呼びます。

この無視では、例えば、ご飯を食べていて、お皿の中の左半分を残しているような場合です。

最初の説明での無視の場合、自分の真ん中よりも左側にあるおさらに気がつかないといった症状になります。

 

【スポンサーリンク】



ADL遂行中における、空間領域の無視では、それぞれ以下のようなことが観察される可能性があります。

個人空間、あるいは身体無視:

顔の左側を洗わない
顔の左側を剃らない
身体の左側を洗わない
移乗動作で身体の左側を組み込まない
身体の左側を使わない

近位個人外空間(リーチできる範囲)の無視:

洗面台の左側で対象物が見つからない
テーブルの左側の対象物が見つからない
読めない
電話ダイヤルの左側が見つからない
皿の左側の食べ物を食べない
車椅子の左側のブレーキを探せない

遠位個人外空間無視:

壁の左側にある時計を見つけられない
移動で道に迷いやすい
玄関口を進めない
テレビを見ることが困難
声を出した人を見つけられない

今回テーマにしているComb and Razor/Compact testは、上記の中でも「個人空間、あるいは身体無視」における評価になります。

スポンサードサーチ

Comb and Razor/Compact testの概要

Comb and Razor/Compact testは、身体無視がどの程度あるのかを数値化できるテストになります。

このテストの特徴は、身体無視の中でも、顔の領域のみに焦点を当てているテストになります。

Comb and Razor/Compact testでは、その名前の通り、

・櫛で髪を梳(す)く
・カミソリで髭をそる
・パフでパウダーをはたく

の3つの課題があります。

これらのうち、「櫛で髪を梳く」課題は男女共通で実施されます。

また、「カミソリで髭を剃る」課題は男子のみ、「パフでパウダーをはたく」課題は女子のみが行います。



スポンサードサーチ

Comb and Razor/Compact testの評価方法

前途した課題に対して、

・左側にストロークした回数
・右側にストロークした回数
・あいまいなストロークの回数

を検査時間である30秒間それぞれ数えておきます。

これらのうち左が何%であったのかを数値化していきます。

そのため、数式としては、「左のストローク数÷ストローク総数」になります。

そして、男子では「櫛で髪を梳(す)く」「カミソリで髭をそる」の課題を合わせた中での左でのストロークの平均値を出します。

そのため、「櫛で髪を梳(す)く(左の%)+カミソリで髭をそる(左の%)÷2」の数値を出します。

同様に、女子では「櫛で髪を梳(す)く」「パフでパウダーをはたく」における数値を出します。

 

【スポンサーリンク】



スポンサードサーチ

Comb and Razor/Compact testの結果の解釈

この検査において算出された数値は、顔面領域における身体無視がどの程度左右差があるかを知る指標になります。

また半側空間無視やADL訓練における効果の指標ともすることが可能です。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】