今の学生さんはどのような教育を受けているのかはわかりませんが、昔は脳卒中では筋力低下の考え方は用いないというようなニュアンスで指導を受けた覚えがあります。しかし、脳卒中片麻痺者においては、筋力低下も十分ありえると考えられます。今回、脳卒中片麻痺者では筋力低下が起こるのかについてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

運動麻痺とはどういうことか

脳卒中の評価を行う上では、「運動麻痺」という用語がどのような意味をなしているかを把握しておく必要があります。

運動麻痺とは、随意運動の機能障害をさしています。
また随意運動とは、自分の意思または意図に基づいた運動をさします。
すなわち、運動麻痺とは「自分の意思または意図に基づいた運動ができない状態」をさします。

スポンサードサーチ

随意運動はどのように生じるのか

先ほど、運動麻痺の概念について理解ができました。
では、その随意運動はどのように生じるのかを考えていきたいと思います。

随意運動が起こるには大脳の一次運動野と、皮質脊髄路の働きが重要になります。

一次運動野:
一次運動野には、体部位局在(体部位再現)というものがあります。

身体を構成する特定の体部位の再現が中枢神経系の特定の領域と1対1に対応する場合、体部位再現がある、という。大脳皮質第一次体性感覚野や第一次運動野の体部位再現が典型的な例としてあげられる。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E4%BD%93%E9%83%A8%E4%BD%8D%E5%86%8D%E7%8F%BE

一次運動野はスイッチのような役割があり、ある部位を刺激すると、それに対応する部位が動くということです。
ペンフィールドのホムンクルスが有名です。

皮質脊髄路:
運動発現の経路としては、一次運動野から放線冠、内包、大脳脚を通って延髄の錐体で交叉し、反対側の脊髄を下降して脊髄前角の運動細胞へ伝わります。
この通り道(伝導路)のことを皮質脊髄路と呼びます。また、皮質脊髄路は錐体路とも呼ばれています。
皮質脊髄路は筋収縮の強さに関与します。これは、何個の運動細胞が興奮するか(量)、また1つの運動細胞がどれだけ強く興奮するか(強さ)ということを示しています。

スポンサードサーチ

脳卒中における運動麻痺の種類

今までの話から、運動が発現するには一次運動野と皮質脊髄路が関与し、これらが障害されることで運動麻痺が起こることがわかります。
では、脳卒中における運動麻痺の種類について考えていきます。

一次運動野は、ホムンクルスからわかるように、ある部位のスイッチが入ると、それに対応した部位の運動を起こします。
そのため、一次運動野が障害されると「共同運動」と呼ばれる症状が出現します。
共同運動は文字通り、ある関節運動を起こそうとしても、他の関節運動も共同して運動が起こってしまう現象です。
一次運動野は前大脳動脈領域の血管支配なので、その部位に梗塞が起こると共同運動が生じてしまうことになります。

皮質脊髄路は、先ほども述べましたが何個の運動細胞が興奮するか(量)、また1つの運動細胞がどれだけ強く興奮するか(強さ)というような筋の出力に関与します。
筋出力が低くなるというのは、筋収縮力が低くなるということです。
筋肉の収縮力が低いというのは、すなわち筋力低下が存在するということになります。

スポンサードサーチ

脳卒中では筋力低下が起こる!!

これまでの話から、脳卒中片麻痺者においては筋力低下が起こることがわかりました。

ただし、その場合は皮質脊髄路の障害においてです。
一次運動野の障害の場合には、運動麻痺としては共同運動ということになります。
このことを理解していると、受け持った対象者の方がどの部分に損傷があるかがわかれば、随意運動の障害として現れている運動の行いにくさが何を原因としているのかが捉えやすくなると思います。

原因を知ることができれば、筋力低下に対するアプローチ、共同運動に対するアプローチというように、状態にあったアプローチが選択できます。
これは、脳卒中片麻痺者を捉える上で大変重要な要素になるので、ぜひ運動麻痺について理解を深めておいてください。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】