高次脳機能障害は、日常生活の中で様々なことを阻害する要因になります。高次脳機能障害の観察評価においては、日常生活での工事脳機能障害の現れ方を把握していると、その程度や状態を把握するのに役立ちます。今回、高次脳機能障害は日常生活の中でどのような困難として現れるかということについてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

高次脳機能障害と日常生活

脳が損傷を受けるとその部分が担う機能に対する機能障害が生じます。

これが、高次脳機能障害となり、記憶や注意、行動や意欲などの機能を低下させ、日常生活に悪影響を与えることになります。

リハビリテーション評価では、日常生活場面の観察を通して、対象者が抱いている困難さはどの機能低下により生じているかを推論していく必要があります。

その際に、ある程度日常生活における高次脳機能障害の出方と、それに対応する障害を把握していると、臨床推論に手助けとすることができます。

以下に日常生活上での問題点を挙げていきますが、あくまで一例です。

対象者の生活状況や家族・介護者に情報収集をもとに、観察するべき項目を絞っていくとよいでしょう。

スポンサードサーチ

前頭葉症状と日常生活上の問題点

・食事で口の中にどんどんと食べ物を運ぶ(ペーシング障害)
・食事で口のなかに食べ物を入れたまま噛まない
・食べ物をうまくつかめない
・動作に必要な用具を用意できない
・衣服が汚れていることに気づかない
・排泄で水を流さない
・トイレに行きたくないのに行ってしまう
・移動で障害物にぶつかる
・問題解決の方法がわからない
・時間の過ごし方が不適切
・注意散漫、集中力が続かない
・状況判断や判断力の低下

スポンサードサーチ

半側無視と日常生活上の問題点

・食事で半分を残す
・食事でこぼしていても気にならない
・整容で顔半分をやり残す
・洗体で半分を洗い残す
・服を片側着ない
・服の片側が整っていなくても気にならない
・車いすブレーキやフットレストのかけ忘れ
・移動で障害物にぶつかる
・左の曲がり角に気づかない
・文章の一部を飛ばして読んでしまう
・電話がかけられない

スポンサードサーチ

観念性失行、運動性失行と日常生活上の問題点

・箸やスプーンの使い方が不器用、拙劣
・歯ブラシが歯にうまくあたらない
・髭剃りが顔の面にうまく沿わない
・道具の使用方法を間違える
・動作の手順が入れ替わる
・ドアノブが開けられない
・交通機関の利用ができない
・アイロンがかけられない
・自販機で飲み物を買うことができない
・ATMでお金をおろすことができない

スポンサードサーチ

視覚失認と日常生活上の問題点

・食べ物を見て食べ物だとわからない
・衣服の前後、左右、裏表の区別がつきにくい
・人の顔がわからない
・買い物で、野菜などの商品の良し悪しがわからない

スポンサードサーチ

バリント症候群と日常生活上の問題点

バリント症候群では、精神性注視麻痺・空間性注意障害・ 視覚性視覚失調の3つの症状が現れることがあります。

・対象物をうまくつかむことが苦手
・蛇口をうまく使えない
・移動で障害物にぶつかってしまう

スポンサードサーチ

色彩失認と日常生活上の問題点

・服のコーディネートができない
・信号や車に気づかない

スポンサードサーチ

着衣失行と日常生活上の問題点

・服の前後、左右、裏表がわからない
・服を着る順番を間違える

スポンサードサーチ

離断症候群と日常生活上の問題点

・食事で食べ物をうまくつかめない
・歯磨きで歯ブラシをうまく扱えない
・整髪で櫛をうまく使えない
・髭剃りががうまくできない
・左右の手が反対のことをしてしまい、動作に時間がかかる
・洗濯機の使用ができない

スポンサードサーチ

記憶障害と日常生活上の問題点

・トイレットペーパーで後始末をするのを忘れる
・道が覚えられない
・人の名前が覚えられない、思い出せない
・何度も同じ話をする
・買い物で何を買えば良いのかを忘れる
・買い物で何がどこにあるのかがわからない
・スケジュール管理ができない
・日課を覚えられない
・服薬管理が難しい

スポンサードサーチ

劣位半球症状と日常生活上の問題点

・食事でこぼしていても気にならない
・服の汚れが気にならず着替えない
・安全を考慮した動作ができない
・協調性の低下
・周囲への無関心
・感情の起伏が大きい
・料理が雑になる
・メニューを考えるのが苦手
・整理整頓ができない
・問題解決が苦手
・病識の低下
・現実見当能力の低下
・判断力の低下

スポンサードサーチ

ゲルストマン症候群と日常生活上の問題点

・指先の細かいことが苦手
・服をうまく着ることができない
・道に迷う
・お金の計算ができない
・署名ができない
・時計を見て何時かわからない
・電話をかけられない

スポンサードサーチ

失語症と日常生活上の問題点

・協調性の低下
・周囲への無関心
・スケジュール管理ができない
・服薬管理ができない
・電話をかけることができない

スポンサードサーチ

観察による評価と、それを裏付けるものを見つけていく

高次脳機能障害が、日常生活上でどの程度影響を与えているかを評価するには、基本的には観察をおこないます。

そこで見られた現象は、どのような症状から来ているのか、また、他の場面でも現れていないかを検討しましょう。

そして、対象者の脳が損傷されている部位は、どこなのかも把握しておくことは大切です。

それにより、自分が推論したことが、その部位の損傷により生じるかを裏付けることになるからです。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】