ファンクショナルリーチテストは、バランス評価のひとつです。今回、ファンクショナルリーチテストの概要と評価方法、基準値と転倒との関係性についてまとめていきたいと思います。

ファンクショナルリーチテストの概要と評価方法、基準値と転倒との関係性

スポンサードサーチ

転倒における参考書籍

 

スポンサードサーチ

転倒についてのおすすめ記事

 

 

スポンサードサーチ

ファンクショナルリーチテストの概要

ファンクショナルリーチテストは、静的立位バランスを評価するための方法です。

バランスには、

・静的バランス

・動的バランス

の2つの種類があります。

静的バランスは、例えば立っている姿勢、座っている姿勢におけるバランスです。

静的バランスは字の通り、動きを伴わない中でのバランス能力を示しています。

一方、動的バランスは、字の通り動いているなかでのバランス能力を示しています。

例えば、歩いているときのバランスや、トイレでズボンの上げ下ろしをしているときのバランス能力になります。

ファンクショナルリーチテストは、簡単に説明すると、スタート位置からできる限り遠くに手を届かせるときの距離を計測する検査方法になります。

スポンサードサーチ

ファンクショナルリーチテストの実施方法

使用物品:

壁またはホワイトボード、テープまたは付箋、マーカー、メジャー

実施方法:

①壁やホワイトボードに対して位置し、足は肩幅に開きバランスを安定させます。

②指を伸ばしながら肩を90度前方に上げます。このときの手の位置を付箋やマーカーで印をつけます。
*体はまっすぐ前を向くようにし、傾いたりひねったりしないように注意します。

③開始位置からできるだけ遠くに手を伸ばすようにし、一番遠くに位置した所で付箋やマーカーで印をつけます。
*踵が浮いてしまったり、体をひねる、壁にもたれてしまう、足を1歩前に踏み出してしまうなどが見られるとやり直しになるので注意させます。

④まっすぐもとの姿勢に戻るようにします。

説明方法:

「これから、バランス能力をみていきます。壁(またはホワイトボード)を横にして前を向いてください。」

「足は肩幅に開いて、そこから指を伸ばしながら前にならえの姿勢になるように片手を上げます。」

「踵を浮かしたり、体をひねらないようにしながらできるだけ手を遠くに前に届かせてください。」

記録方法:

全部で5施行行います。

最初の2回は練習です。

残り3回を記録対象にします。

記録としては、最長記録または3回の平均値を用いることが一般的になります。

最初の2回の練習で、前途した注意点(踵を浮かさない、体をひねらない、壁に寄りかからない、足を前に踏み出さない)を守ってもらえるように丁寧に説明していく必要があります。

対象者は一生懸命に検査を行ってくれますが、それは同時に転倒のリスクも高くなりやすいので、横についてリスク管理を怠らないようにしてください。

スポンサードサーチ

ファンクショナルリーチテストの基準値

ファンクショナルリーチテストの開発者であるDuncanらが基準値を示しています。

20〜40歳:男性41.8±4.8㎝ 女性32.1±5.5㎝

41〜69歳:男性37.3±5.5㎝ 女性34.5±5.5㎝

70〜87歳:男性33.0±4.0㎝ 女性26.3±8.8㎝

となっています。

これらの基準値を参考にしながら、静的バランスの低下を把握し、それがどのような身体機能あるいは感覚機能から生じているかをさらに評価していくことになります。

スポンサードサーチ

ファンクショナルリーチテストと転倒

ファンクショナルリーチテストは、転倒の評価にも用いられることがあります。

高齢者では、ファンクショナルリーチテストの結果が15.3㎝未満の場合、転倒の危険性が高まることが指摘されています。

このような指標を用いながら、転倒の要因や転倒に対するアプローチを行った後の効果の指標として用いられることが考えられます。

リハビリ職で転職、副業をお考えの方にオススメの転職サイト

転職サイト利用のメリット

何らかの理由で転職をお考えの方に、管理人の経験を元に転職サイトの利用のメリットを説明します。

転職活動をする上で、大変なこととして、、、

仕事をしながら転職活動(求人情報)を探すのは手間がかかる

この一点に集約されるのではないでしょうか?(他にもあるかもしれませんが)

管理人は転職サイトを利用して現在の職場に転職しました。

コーディネーターの方とは主に電話やLINEを通してのコミュニケーションを中心として自分の求める条件に合う求人情報を探してもらいました。

日々臨床業務をこなしながら、パソコンやスマホで求人情報を探すというのは手間ですし、疲れます。

そういう意味では、転職サイト利用のメリットは大きいと考えています。

転職サイト利用のデメリット

デメリットとしては、転職サイトを通して転職すると、転職先の病院や施設は紹介料(転職者の年収の20-30%)を支払うことです。

これがなぜデメリットかというと、転職時の給与交渉において、給与を上げにくいということに繋がります。

それでも、病院や施設側が欲しいと思える人材である場合、給与交渉は行いやすくなるはずです。

そういった意味でも、紹介してもらった病院や施設のリハビリ科がどのような現状で、どのような人材が欲しいのかといった情報が、自分の持つ強みを活かせるかといった視点で転職活動を進めていくことが大切になります。

転職サイトは複数登録することも必要

転職サイトは複数登録しておくことが重要になるかもしれません。

それは、転職サイトによって求人情報の数に違いが生じることがあるからです。

せっかく転職サイトを利用するのであれば、できるだけ数多くの求人情報の中から自分の条件にあった求人情報を探せる方が良いはずです。

その分複数のコーディネーターの方と話をする必要がありますが、自分のこれからのキャリアや人生を形作っていく上では必要なことになります。

また、コーディネーターの方も人間ですから、それぞれ特性があります。

自分に合う合わないと言うこともありますから、そういった意味でも複数サイトの登録は大切かもしれません。

管理人も登録経験あり!転職サイトのご紹介!

ネット検索にある転職サイトの求人情報は表面上の情報です。

最新のものもあれば古い情報もあり、非公開情報もあります。

管理人の経験上ですが、まずは興味本位で登録するのもありかなと思います。

行動力が足りない方も、話を聞いているうちに動く勇気と行動力が湧いてくることもあります。

転職理由は人それぞれですが、満足できる転職になるように願っています。

管理人の転職経験については以下の記事を参照してください。

「作業療法士になるには」「なった後のキャリア形成」、「働きがい、給与、転職、仕事の本音」まるわかり辞典

転職サイト一覧(求人情報(非公開情報を含む)を見るには各転職サイトに移動し、無料登録する必要があります)

【PTOT人材バンク】

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】