PTOTSTを目指す方の実習や国試を乗り切るためのガイド
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 高次脳機能検査

高次脳機能検査

運動維持困難の評価法やリハビリテーションの考え方を解説します

運動維持困難やペーシング障害の評価法をご存知でしょうか。今回、運動維持困難やペーシング障害に対する評価法をまとめていきたいと思います。 高次脳機能障害を勉強する上でオススメの書籍   高次脳機能障害学第2版 p …

系列動作と失行の評価方法!観察により誤反応(エラー)を検出していく!

失行について学習していると、「系列動作」という言葉を聞いたことがあると思います。これは観念失行によく出てくる言葉です。今回、系列動作と失行の評価方法についてまとめていきたいと思います。

半側空間無視(身体)の評価!Comb and Razor/Compact testの概要と評価方法、結果の解釈

半側空間無視の検査で有名なのはBITなどですが、身体空間の無視において、評価を数値化できるのがComb and Razor/Compact testになります。今回、その概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたい …

半側空間無視の評価!Fluff testの概要と評価方法!

半側空間無視の評価として、Fluff testというものがあります。今回、Fluff testについて調べてみたので、まとめていきたいと思います。 Fluff testの概要 Fluff testは、半側空間無視の中でも …

BIT行動性無視検査日本版の結果の解釈!受動的・能動的注意を踏まえた解釈ができているか!

半側空間無視の検査として、BIT行動性無視検査日本版を用いることがよくあると思います。今回、BITの検査結果の解釈において、受動的・能動的注意を踏まえた解釈の重要性についてまとめていきたいと思います。

対象の認知とWhatの経路、Whereの経路との関係

対象物を目で見てそれが何であるかを認知する場合、視覚・聴覚・体性感覚という情報を元に認知していきます。視覚的な情報においては、 Whatの経路とWhereの経路が重要になります。今回、対象の認知とWhatの経路、Wher …

ゲルストマン症候群で観察される症状と日常生活上の問題点

ゲルストマン症候群では、特徴的な症状がいくつかみられるのですが、大切なのはやはりそれが日常生活上にどのような困難さを与える可能性があるのかを考えられることです。今回、ゲルストマン症候群で観察される症状と日常生活上の問題点 …

優位半球と劣位半球の違い!臨床に活かすにはどのような事を理解すべきか!

脳の勉強をしていると、「優位半球」や「劣位半球」という言葉を聞く事があると思います。言葉を知っていても、その意味や内容をあまり理解していないということがよくあります。今回、優位半球と劣位半球の違いについてまとめていきたい …

高次脳機能障害は日常生活の中でどのような困難として現れるか

高次脳機能障害は、日常生活の中で様々なことを阻害する要因になります。高次脳機能障害の観察評価においては、日常生活での工事脳機能障害の現れ方を把握していると、その程度や状態を把握するのに役立ちます。今回、高次脳機能障害は日 …

失語症の症状、種類と検査方法!まず大まかに症状を把握する方法!

実習において、対象者の方とのコミュニケーションはとても大切ですが、失語症を持つ方とのコミュニケーションは難しい面があります。失語症の評価の基本を理解していることで、対象者のコミュニケーション能力をある程度把握することも可 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © PTOTST学生のための学習塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.